普通のお化粧ならば、オルビスクレンジングリキッドで十分綺麗になる、洗浄機能があるので、一般に使用されているマスカラレベルであれば、綺麗に落とせます。

 

マスカラメイクをされている方の洗顔方法は、オルビスクレンジングリキッドをまつ毛の周りに優しく湿布する感じで塗ります。その後に、まつ毛を撫でる様に馴染めせて下さい。

 

目元のメイクと同時に、マスカラ部分のまつ毛を指の腹でごしごしとクレンジングリキッドを付けるやり方は良くありませんので、止めた方が良いでしょう。

この様な方法でのマスカラ落としは、大切なまつ毛を少なくしてしまう恐れがあります。

 

アイメイクには、マスカラ、又はマスカラ以外のメイクが有りますが、どちらのメイクにもオルビスクレンジングリキッドはあまり馴染ませないで使用する事をお薦めします。

 

マスカラには、まつ毛の生えている方向に沿ってオルビスクレンジングリキッドを優しく湿布する様に撫で付けて下さい。

 

マスカラ以外のメイク除去には、オルビスクレンジングリキッドを指のお腹部分で馴染ませる様に優しく撫でる様にして下さい。

 

オルビスクレンジングリキッドがメイクと馴染んだと思われる頃に、徐々にマイクが浮いてくる感じになります。

 

その後はぬるま湯で軽く流す感じで、洗って頂ければメイクは綺麗に落ちる事でしょう!

 

なお、ポイントメイクなどの様なアイメイクの時は、物により落としにくい資質のメイクも有ると思われますので同じでは無いので注意して下さい。

 

特に、ウォータープルーフタイプの様に水に強いとされている物とか、ウォータープルーフとされていない時でも、まつ毛等にしっかりフィットするとされている物に付いても、一般のクレンジングだけでは汚れは落ち辛い商品になります。

 

ウォータープルーフ系のマスカラを、落とす場合の注意書き表示の有る時などのマスカラ等は、特にメイク専用とされる化粧落としジェル等を使用した方が良いと思います。

 

メイク落とし後の汚れが残った場合等には、まつ毛の生え際などにマスカラが溜まり、まつ毛にかなりのダメージを与えてしまう事になります。

 

ここで気を付けたいのは、マスカラって結構きれいに落としたしたつもりでも、意外と汚れが残って居る事が有ります。

 

夫々のメーカー毎の汚れ内容に合っている、汚れ落とし製品を探す事が大切ですね。

 

また、メイク洗顔を済ませた後に本当に綺麗にメイクが落ちているのかを、チェックする事もお肌の綺麗を保つ大切な気配りですね。

This entry was posted on 水曜日, 1月 15th, 2014 at 7:29 PM and is filed under 色素沈着. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.