By 脂溶性ビタミン | 1月 15, 2014 - 7:29 pm - Posted in 色素沈着

1本で洗顔フォームとしてだけでなく、ソフトピーリングやパックとしても使うことができる、濃密炭酸泡洗顔料のテンデシカ。

 

3つの機能を併せ持つことにより、通常の洗顔フォームとは少し使い方に違いがあったり、使用時の注意点などもあるので、それを踏まえた上で、正しくテンデシカを使いたいものです。

 

ここでは、テンデシカの使い方や使用時の注意点などについて、簡単にまとめましたので、ご紹介します。

 

 

[ テンデシカの使い方 ]

 

①     テンデシカのボトルを良く振り、頭部を上にして手のひらにたまご大の大きさの泡を取り出します。

 

②     泡を顔全体に広げ、そのまま1分程時間を置きます。このときお肌をこすらないようにします。

 

③     水やぬるま湯でしっかりと泡をすすぎ、タオルドライします。

 

 

[ テンデシカ使用上の注意点 ]

 

・   テンデシカを使用するときには目に入らないように使用してください。入ってしまった場合は、すぐに洗い流し、こすったりしないようにしてください。

 

・   テンデシカを皮膚の薄い目の周りに塗ることはしないでください。目の周りは、洗い流す際に軽くなじませるようにして洗ってください。

 

・   テンデシカはお肌が乾いているときでも、濡れているときでも、どちらでもお使いいただくことができます。しかし、パック効果を発揮するには、お肌が乾いた状態にあることが望ましいため、クレンジング後などでお肌が濡れているときには、タオルなどで軽く水気をふき取ってから、テンデシカを使用することをおすすめします。

 

テンデシカは、アミノ酸系の洗浄成分や天然フルーツ酸などのお肌にやさしい成分で作られているため、ピーリングとしても毎日使うことができます。また、テンデシカは顔のスキンケアとしてだけでなく、ひざやひじなどの乾燥が気になる部分や、背中やデコルテなどのザラつきが気になる部分にも使うことができるので、ボディケアとしてもお使いいただけます。

 

 

テンデシカはこすらず、お肌に泡をのせておくだけで洗顔できる商品になっています。濃密炭酸泡の力によって、お肌の奥に隠れた汚れや古い角質をやさしく、浮かせて落とすので、1度の洗顔だけですべての汚れを落としきることはできません。

 

しかし、使い続けていくうちにお肌にたまった汚れを落として、透明感のあるお肌に導いてくれますので、こすったりはしないようにしてくださいね。

 

 

このようなテンデシカの使い方や使用上の注意点を守って、正しくテンデシカを使いましょう。もし、これらを理解せずに誤った使い方をしてしまうと、お肌トラブルを引き起こしてしまうこともありますので、ご注意ください。

This entry was posted on 水曜日, 1月 15th, 2014 at 7:29 PM and is filed under 色素沈着. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.